聖闘士星矢 広告

魚座のアフロディーテ

2008年11月20日
最後の宮・双魚宮を守護する。88星座の中でも随一の美貌の持ち主といわれ、「天と地のはざ間に輝きを誇る美の戦士」と呼ばれる。小宇宙によって毒薔薇の性質を変化させて様々な華麗な技を繰り出す。

「力こそ正義」が信念であり、教皇(サガ)の所業を知りながらも、強い力こそが幾多の邪悪から地上を守ることができるとして従っていた。一見すると悪の聖闘士のように描かれているが、ある意味で彼もまた聖闘士として地上の平和を守ることを願っていたともいえ、むしろ誰よりも平和を願う心が強いともいわれる。

十二宮戦に先駆け教皇の命に従い、瞬の師匠・ケフェウスのダイダロスを倒した(アニメでは、ミロがダイダロスに代わり登場したアニメオリジナルの瞬の師アルビオレ討伐に派遣された際、密かに闇討ちで彼を仕留めた)。原作では男らしく割り切った性格で自身が美を語ることはないが、アニメでは難波圭一の怪演によりナルシスティックな人物として表現され、視聴者に与える雰囲気に多少の差異がある。

師を倒された因縁は瞬が十二宮を突破する動機の一つとなり、瞬と戦いサンダーウェーブを薔薇1本で止める、ネビュラストリームを破るなど強大さを発揮したが、半ば相討ちで倒される。死に際しては瞬を賞賛し、薔薇の葬列に送られるとの台詞通り、薔薇に埋もれて倒れた。正義に対しての信念は、死の寸前まで変わることはなかった。

ハーデス編ではハーデスの力によってシオンらとともに復活。デスマスクを助けてムウと戦うが、ムウのスターライトエクスティンクションで倒される。ムウとの戦いにおいては倒される直前、シオンの命令で進撃した際を除いて主体的にはほとんど動いておらず、出番・セリフはごく少ない。

OVAハーデス十二宮編では、この後にハーデス軍の雑兵と戦い簡単に倒すも、ラダマンティスに倒されるシーンがある(ラダマンティスに倒されるシーンは原作にも存在する)。OVAではこのほかアテナの聖闘士としての自覚に目覚めながらも、あえて逆賊の汚名を被ることに同意するなどの描写も見られた。OVAでの嘆きの壁撃破に際しては、瞬に対して十二宮戦で自分を倒したときのように奇跡を起こすことを教えつつ、ほかの黄金聖闘士たちとともに散った[14]。

映画『真紅の少年伝説』では、アベルの力によって蘇る。最も崇拝するものは神ではなく美しさであり、勝利こそ最高の美、対して最も醜いものは敗北との考えを披露し、その敗北を味合わされた瞬に対し、美の戦士として屈辱を晴らすべく彼の前に立ちはだかる。薔薇の花霞の中に移動の残像を映し出す防御術でネビュラストームを破って瞬を追い詰めるが、一輝の参戦により失敗。幻魔拳により自分の姿が醜く変わる幻を見せられて逆上し一輝に襲いかかるが、鳳翼天翔の前に敗北。必殺のブラッディローズも鳳翼天翔で跳ね返されて自らの左胸に受け、絶命する。

本来の「うお座」は、星座絵では美の女神アフロディーテとその息子エロスが変身した2匹の魚がリボンで結ばれた姿であるが、聖衣のオブジェ形態の魚は1匹である。



posted by 聖闘士星矢 at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 黄金聖闘士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。