聖闘士星矢 広告

聖闘士星矢

聖闘士星矢』(セイントセイヤ、SAINT SEIYA)は、集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ (WJ)』に連載された、車田正美著の長編漫画、および同作を原作としたテレビアニメーション作品。単行本全28巻、愛蔵版全15巻、文庫版全15巻、完全版全22巻。
1985年12月(1986年1・2合併号)より週刊少年ジャンプ誌(WJ)で連載を開始。「聖衣(クロス)」と呼ばれる星座の趣向を凝らした鎧やギリシャ神話をモチーフにした物語が人気を博し、『Dr.スランプ』、『北斗の拳』などに代表される1980年代の「ジャンプ」の看板作品の一つであった。
車田の前作『男坂』が短命に終わったことから、次回作はメジャー路線と読者受けを意識し、プラモデルの要素を取り入れた「聖衣」が少年に、ギリシャ神話を題材にしたストーリーが少女に、それぞれ受けるだろうという発想から構想が練られた。その狙いは的中し、「聖闘士(セイント)」「小宇宙(コスモ)」といったネーミングとともに人気を獲得。また「聖衣」を再現したフィギュア玩具「聖闘士聖衣大系」も大ヒット商品となった。
テレビアニメ版も東映動画(現:東映アニメーション)制作で、テレビ朝日系にて毎週土曜日に放映。1986年10月11日から1989年4月1日までの長期にわたるシリーズになり、海外でも放映された。ゲーム化、舞台化、カセット文庫化もされている。
原作は冥王ハーデス編が続けられたが、終盤は掲載順位が下降し、最終決戦途中ながら1990年11月をもって週刊少年ジャンプでの連載が終了。同年創刊されたVジャンプ誌に決着まで描かれた「完結編」が掲載された。

聖闘士星矢 冥王ハーデス 十二宮編

聖闘士星矢 冥王ハーデス 十二宮編
聖闘士星矢 冥王ハーデス 十二宮編 “黄金聖闘士 / 青銅聖闘士(主に黄金聖闘士)”vs“命を落とした黄金聖闘士(OVA版では白銀聖闘士も) / 冥闘士”
冥王ハーデス十二宮編では243年ぶりに復活し、聖域へ侵攻を始めた冥王ハーデスと百八人の冥闘士(スペクター)から地上世界を守るため聖闘士たちが闘う。サガに殺害された真の教皇シオン、また先の戦いで死んだ黄金聖闘士たちも冥闘士として復活し、アテナの命を奪おうとする。アテナは自害し、冥界へむかう。OVA版は『冥王ハーデス十二宮編』という作品名で発売。

聖闘士星矢 冥王ハーデス 十二宮編 攻略

聖闘士星矢 冥王ハーデス 十二宮編 攻略
聖闘士星矢 冥王ハーデス 十二宮編 攻略 【幻朧魔皇拳】モードで「はじめから」「つづきから」を選択する画面にて
↓・←・↑・↑・↓・↑・□+△(同時押し)の順で押す。
確認音が鳴ったらOK!(青銅聖闘士を使用可能)

聖闘士星矢 セイント クロス マイス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。